ディスカバージャパンの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 馬名は第1希望:ジャパンノウレッジ【意味:日本の知見。母名より連想。・Japan Knowledge】に決定しました。
    第2希望:バニラパフューム、第3希望:アイリー
  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。

チャンピオンヒルズ在厩(栗東・寺島良厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0.0.0)

2022年

チャンピオンヒルズで調整中。
担当者の話では「口向きや非力な面は課題が残りますが、徐々に全身を使って走れるようになってきました。坂路で週に1回ずつ半マイル60秒ペースと17−15を消化し、暑さが厳しい時期は体調を考慮しながら調整しています。先日、寺島調教師も来場され『秋頃の入厩を目標に進めましょう』との話がありましたので、ゲート練習もしっかり行ないつつ乗り込んで行きます。飼い葉喰いは問題無く、現在の馬体重は460キロです」とのこと。
(8月5日)


チャンピオンヒルズで調整中。
担当者の話では「口向きやフォームの修正をしつつ、引き続き週2回坂路で15−15を消化しています。コンスタントに強目を乗れていますが、15−15の登坂では終いの脚色が一杯一杯ですので、当面はこのまま乗り込み秋を目指してパワーアップをはかりたいと思います。まだ非力な感じではあるものの、動きにはバネもあって、背中の感触は悪くなく、良いものを持っていそうです。ハミ受けが安定して体の使い方を覚えてくれば変わってくると思いますので、しっかりと乗り込んで良化を促していきます」とのこと。
(7月21日)


チャンピオンヒルズで調整中。
担当者の話では「徐々にペースアップしており、現在は週2回坂路で15−15を消化しています。体調面は問題無く15−15中心のメニューへとスムーズに移行できていますが、まだハミ受けや体の使い方が安定していない感じもありますので、夏場はじっくりと乗り込んで全体的なパワーアップをはかりたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は456キロ。
(7月8日)


6月中旬撮影

チャンピオンヒルズで調整中。
担当者の話では「引き続き17〜18秒ペース中心の調整です。まだ緩いところもありますので、しばらくは普通キャンター中心で乗り込み、ハミを取って体をしっかり動かせるよう進めていきます」とのこと。
寺島調教師からは「今週21日に馬を見てきました。まだ大分緩さがあり、17〜18秒ペースを継続してじっくりと乗り込んでもらっています。少しテンションも高めなので、当面は同様のメニューで落ち着かせながら進めたいと思っています。入厩については強目をコンスタントに乗れるようになった段階で検討するつもりです」とのこと。現在の馬体重は463キロ。
(6月24日)


6月9日撮影



6月9日撮影

5月26日出発の便で栗東近郊のチャンピオンヒルズへ移動。移動後も問題は無く、坂路中心の調整を開始しており順調だ。
6月9日、担当者の話では「坂路では17〜18秒ペース中心に乗り込んでいます。まだ緩さも感じられますし、まずは環境に慣らしつつ普通キャンターメインで様子を見ているところです。現状のメニューでしっかりと動けていますので、馬に合わせて徐々にペースアップしていきたいと思っています。移動で減った馬体も回復し、問題なく進めることが出来ています。普段からとても扱いやすいタイプです」とのこと。現在の馬体重は452キロ。
(6月10日)


5月18日撮影

BTCで週1回15−15をコンスタントに消化し、5月26日出発の便で栗東近郊のチャンピオンヒルズへ移動することになった。
25日、寺島調教師から「ふっくらした体をキープし、順調に乗り込むことが出来ているようです。トレセン近郊まで移動させて、今後の状態を見ながら入厩時期を検討したいと思います」との連絡が入っている。
(5月25日)


BTCで調整中。現在は週2回坂路入りし、週1回15−15を消化するメニュー。
担当者の話では「15−15をコンスタントに消化しており順調です。余裕を持ってこのメニューを消化できているので、この中間に馬体重も増えて良い感じに進めることが出来ています。強目を乗り込んで来て、良い筋肉が付いてきていますし、腹周りもしっかりとしていて基礎体力は十分付いてきた様子です。このまま乗り込んでいき、更に状態がは安定してきた段階で移動について検討することになると思います」とのこと。現在の馬体重は457キロ。
(5月18日)


BTCで調整中。4月初めにリフレッシュ期間を設け、その後、徐々に元のメニューに戻しつつ調整中。4月からは屋外馬場も併用してじっくりと乗り込んでいる。
担当者の話では「右トモに疲れも出ていましたので、一息入れてこの期間にケアを行いました。疲れも抜けましたので、すでに坂路で15−15の調整を再開しており、元のメニューに戻して進めていくつもりです。このまま乗り込み、状態を見て移動の時期を見極めていきます」とのこと。現在の馬体重は452キロ。
(4月28日)


3月12日撮影

動画撮影時のタイム:15.8-15.0-14.8
動画撮影日以降は、16日、24日に坂路2本(1本目17秒、2本目15秒)を消化

BTCで調整中。引き続き週3回坂路入りし、週1回は2本登坂(1本目17秒、2本目15秒)のメニューをこなし順調。
担当者は「2月後半から強目を乗り出し、3月中は坂路で16秒ペースを乗り込みつつ、週1回15−15をコンスタントに消化できましたので、3月末から4月初めの週に一息入れさせています。ここにきて馬体はすごく安定し、馬体を減らさずに調整を進めることが出来ています。速めを乗った後の状態や飼喰いが更に安定してくれば、移動についての目処も立ってくると思います。リフレッシュ明けの状態を見ながら、調整を進めていきます」とのこと。現在の馬体重は454キロ。
(4月8日)


3月中旬撮影

BTCで調整中。引き続き週3回坂路入りし、2月23日から週1回は2本登坂のメニューをこなし順調。
担当者は「予定通り坂路2本のメニュー(2月23日と3月2日に1本目17秒、2本目16秒)を消化し、その後の馬体の状態からもう一段階ペースアップ出来ると判断しました。9日には2本目に15秒ペースを乗り、なかなか良い感触で登坂出来ていましたので、ここからは15秒ペースをメインに乗り進めて行けそうです。登坂本数を増やしペースも上がっていますが、馬体減りはなく毛艶も良好で、好調をキープして進めることができています。このまま馬に合わせて乗り込んでいきます」とのこと。現在の馬体重は454キロ。
(3月18日)


2月中旬撮影

BTCで調整中。週3回坂路1本(16秒ペース)のメニューを継続し順調。
担当者は「ここまで週3回坂路1本16秒を順調に消化することが出来ています。馬体減りも無く余力を持って登坂出来ていますし、来週水曜(23日)から坂路2本のメニューを取り入れていく予定です。まずは1本目17秒、2本目16秒といった内容で登坂させ、その後の馬の状態を確認の上で今後のメニューを組み立てていきます。週3回16秒を乗れていれば、この時期の2歳馬としては進んでいる方の組になると思いますが、しっかりと対応出来ていて大変順調です。どちらかと言えばスピードタイプの動きを見せています」とのこと。現在の馬体重は452キロ。
(2月18日)


1月撮影

BTCで調整を行っており順調。年末年始期間にリフレッシュ調整を挟み、年明けからは週3回坂路1本(16秒ペース)中心の調整に移行しており順調。
担当者の話では「年末までは17秒ペース中心に、月曜1本、水曜と土曜は2本というように本数を重ねていましたが、年明けからは時計を詰める方向で段階を上げており、16秒ペースを月水土に1本ずつといったメニューで進めています。現在のメニューにもしっかり対応出来ているようですし、ここから馬の状態を見ながら2本登坂も実施していく予定です。16秒ペースを乗り出して負荷を上げても飼喰いはしっかりとしていて、飼い葉量を増やして調整することが出来ています。特に牝馬は飼喰いに苦労することがあるので、その点は大変好材料だと思います。寒い時期ですが毛艶も良く、少しずつ馬体も増えて良くなってきています」とのこと。現在の馬体重は450キロ。
(1月21日)


1月撮影


(1月21日)


1月13日撮影


(1月21日)

ページ上部へ

2021年

12月9日撮影

BTCで調整を行っており順調。引き続き周回コースで1800〜2000mを乗り込みつつ、週3回坂路1〜2本(17秒ペース)中心の調整。
担当者の話では「17秒ペースの調整を積み重ね、先月に比べて体に余裕が出てきました。体力が付いて調教に適応してきた証拠と捉えています。17秒メニューの頻度を増やした上で、もう一段階時計を詰められればと考えています。今後のメニューは馬の状態と相談しながらになりますが、年内に16秒ペースまで進められれば十分でしょう」とのこと。

寺島調教師は「乗り出し時に少し馬体が減ったとも報告を受けましたが、調教に慣れると飼喰いが良くなって馬体も回復し、17秒ペースでしっかりと乗り込んでもらっています。この時期にしっかりと体力を付け、年明けからのペースアップを楽しみにしたいと思っています」とのこと。
(12月24日)


12月撮影


(12月23日)


11月撮影

BTCでの調整を開始しており順調。周回コースで1800〜2000mを乗り込みつつ、週3回坂路1〜2本(17秒ペース)中心の調整。
担当者の話では「11月下旬から坂路でハロン17秒のメニューを乗り出しています。坂路調教を始めてからずいぶんと胴が伸びて馬体に締まりが出たことで雰囲気が変わってきました。乗り役からは『軽い動きをするのでスピード能力が高そうです』というコメントがありました」とのこと。馬体重は444キロ。
(12月9日)


11月16日撮影

BTCでの調整を開始しており順調。周回コースで1800〜2000mを乗り込みつつ、週3回坂路1〜2本(20ー18)中心の調整。
担当者の話では「気性的にピリピリしたところや臆病な面があり、当初は我の強さも見せていましたが、環境に慣れて納得してからはスムーズに進めることができています。元々の線の細さもあって、体力が付いてくるのはこれからだと思いますが、他馬同様のメニューをこなせていますし、このまま乗り進めて強化していくつもりです」とのこと。当面は坂路中心にトモの強化をはかっていく。馬体重は430キロ。
(11月19日)


11月16日撮影


(11月19日)


11月16日撮影


(11月19日)


10月6日より森本ステーブルで調整中。
担当者の話では「初期馴致、騎乗馴致は至ってスムーズに進み、すでにBTCでの調整を開始することが出来ています。こちらに移動してから日が浅い割に、BTCの広い馬場にも十分対応して進めることが出来ています。本格的なメニューはまだこれからですが、ここから馬に合わせて坂路メインでしっかり乗り込んでいきたいと思っています。馴致から騎乗開始の過程で、体付きはずいぶんスッキリしてきました」とのこと。10月中旬の馬体重は441キロ。
(11月8日)


10月6日より森本スティーブルで調整中。
担当者の話では「環境に慣らしながら馴致を行っており、現在はロンギ場での騎乗馴致まで進めています。今のところ特に問題はなく、騎乗者からは『背中がしっかりしていて調整を進めていくのが楽しみ』と好感触のコメントもありました。このまま進めて行きたいと思います」とのこと。
(10月21日)


10月6日に森本スティーブルへ移動。
担当者の話では「こちらに到着してから日が浅いので、徐々に環境に慣らしながら馴致を開始していきます」とのこと。
9月計測=馬体重:454.0kg、体高:154.0cm、胸囲:178.0cm、管囲:19.5cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:460.0kg、体高:153.0cm、胸囲:178.0cm、管囲:19.5cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)