シルバーフォーの2020

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

チェスナットファーム在厩(栗東・加用正厩舎予定)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2022年

年末年始はウォーキングマシンとトレッドミル調整(キャンター3分前後)でリフレッシュ休暇にあて、現在はBTCのウッド1000m直線コースにて、ハロン20秒程度のキャンター2本を中心に行なっている。
担当者は「昨年末には、ハロン16秒を切るメニューを行いました。現在は雪の影響もあり、坂路コースへの道が悪い時は、ウッド直線1000mで18秒を切るメニューを行なっています。他の馬と同様に、徐々に背も伸びて成長してきていますが、まだまだ増えて欲しいところです。調教へ向かう際のテンションは高いものの、走り自体は真面目で集中できています。今後も成長を促しつつ、テンション面も見ながら進めて行きます」とのこと。現在の馬体重は451キロ。
(1月21日)

ページ上部へ

2021年

12月中旬撮影

チェスナットファームで調整中。現在はBTCの各種コースで3000m(20秒ペース)中心に、週1回ウッド1000m直線コースで18−18を消化し順調。
担当者は「テンションが高い面はありますが、調教で走り出すと真面目にしっかりと動いてくれています。飼い葉の喰いは悪くなく量も食べていますが、気性的なものか食べた分ほど増えてこない感じです。もう少し体を増やしながら進めていきたいので、馬体成長を促しながら進めたいと思います。年内に16秒ペースまで進めて年末年始期間に一息入れられればと考えており、しっかりリフレッシュさせて年明けはトレッドミルから立ち上げていく予定です」とのこと。12月中旬の馬体重は442キロ。
(12月24日)


11月中旬撮影

チェスナットファームで調整中。現在はBTCの各種コースで3000m(23〜20秒)のキャンター調整を行っており順調。
担当者は「引き続きじっくりとキャンターを乗り込んでいます。徐々に良化していますが、時折急にテンションが上がり注意力が散漫になってしまうところがあるので、定期的にリフレッシュを挟み、落ち着かせつつ調教に取り組みたいと考えています」とのこと。11月下旬時点の馬体重は426キロ。
(12月9日)


11月16日撮影

チェスナットファームで調整中。BTCでの調整を開始しており順調。
担当者は「現在は直線1000mのウッドチップコースでキャンター3000mを乗り込んでおり、22〜23秒ペースを中心に終い20秒程度のところを乗り出しました。乗り出しの時などに少しうるさい面があり、テンションが上がりやすそうな気配も見えますので、落ち着いて調整出来るよう気を付けていきたいと思います。動き自体は問題なく元気一杯の様子ですが、馬体が少し減りがちなので調整に緩急を付け、馬体を増やしながら乗り進めていきます。順調なら年内にハロン18秒ペースまで進める予定」とのこと。現在の馬体重は426キロ。
(11月22日)


11月16日撮影


(11月19日)


11月16日撮影


(11月19日)


チェスナットファームで調整中。騎乗馴致を終え、BTCでの調整を開始している。
担当者は「現在は直線1000mのウッドチップコースで22秒くらいのキャンター調整を行っています。動き自体は問題無いのですが、調教開始時にいつもうるさいところを見せたり精神的な幼さがあるので、乗り出しから落ち着いていられるよう教えていきたいと思います」とのこと。10月中旬の馬体重は405キロ。
(11月8日)


9月7日にチェスナットファームへ移動。初期馴致を終え、ロンギ場で軽く跨がり出している。
担当者は「精神面の鍛錬を兼ねて、馬場に置いた横木を跨いで歩かせるような調整も行い、様々な状況に対応出来るよう調整しています。馴致から騎乗まで順調に進めてきて、月初に軽い熱発で楽させましたが、直ぐに回復しています。ここから牧場の周回コースで乗り込んだ後、馬場見せのため1度BTCへ入場する予定です」とのこと。騎乗馴致は順調に進んでおり、そう遠くなくBTCへ入場させられそう。
9月計測=馬体重:405.0kg、体高:150.0cm、胸囲:171.0cm、管囲:19.0cm
(10月11日)


パンフ使用写真

馬体重:405.0kg、体高:150.0cm、胸囲:171.0cm、管囲:19.0cm
(8月13日)


募集時配布

募集時に配布したDVD映像になります。
(8月13日)