オンヴェラの22

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。
  • 馬名は第1希望:イベンチュアリー【意味:いずれそのうち。母名より連想・Eventually】に決定しました。
    第2希望:コンヴァーンクル、第3希望:チェンジオブペース

社台ファーム在厩(美浦・古賀慎明厩舎予定)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2024年

社台ファームで調整中。
左前肢ソエの状態は問題無く、元のメニューに戻しつつ調整中。
担当者の話では「順調に調教負荷を戻してきており、現在は週3〜4回坂路入りし、うち1回は坂路2本登坂を目標に、登坂時計は3F45秒程まで詰めてきています。周回キャンター最大3000mやトレッドミル運動を織り交ぜながら調教メニューを組み立てています。
多少気の難しさというか牡馬らしい幼さを見せることはありますが、頻度は減ってきていますしメンタル面も着実に成長中です」とのこと。現在の馬体重は504キロ。
(6月3日)


社台ファームで調整中。
段階的に調教負荷を上げて進めてきていたが、中間に左前肢にソエが出てしまい、無理せず治療に専念し騎乗調教を控え1週間程の休養を挟んだ。
担当者の話では「ソエの症状は良化し、すでに調教を再開しています。現在は徐々に負荷を戻している最中で、週3回坂路入りを目標に周回キャンター最大2000mやトレッドミル運動を織り交ぜながら調教メニューを組み立てています。登坂時計はやや控えめで3F51秒程まで。脚元に変化はないので様子を見ながら調教負荷を上げていきます」とのこと。現在の馬体重は504キロ。
(5月17日)


社台ファームで調整中。
疝痛での経過観察後も大きな問題は無く、順調に乗り込みを続け、段階的に調教負荷を戻し現在では元の調教負荷で運動中。
現在は週3日坂路入りし、うち2回は坂路2本登坂を目標に周回キャンターやトレッドミル運動を織り交ぜたメニュー。
担当者の話では「登坂時計は3F45秒程まで進めています。ペースが上がり苦しくなるとフォームが不安定になったり気の悪さを見せたりし始めましたので、この中間からネックストレッチャーを使用し改善をはかっています。効果が出て改善傾向にありますので、しばらくはこのまま調整を進めていく予定です」とのこと。現在の馬体重は500キロ。
(4月19日)


3月中旬撮影

社台ファームで調整中。
3月下旬に疝痛症状が見られ、大事を取って社台クリニックへ。搬送後、症状は徐々に改善し、1日の経過観察で快方に向かい退院している。退院後も大きな問題は無く、24日よりトレッドミル調整を再開し、25日には騎乗調教を再開している。
担当者の話では「乗り出した後も順調で、現在少しずつ元の調教ペースに戻している最中です。今後も馬の状態を注視し慎重に進めて行く予定です」とのこと。馬体重は500キロ。
(4月5日)


3月14日撮影

<動画撮影時のタイム>
2024/3/14 1本 16.4-17.5-17.1(3F51.0)
(3月25日)


社台ファームで調整中。大きな問題も無く順調に乗り込みを続けており、徐々に調教負荷を上げている。現在は週3日坂路入りし、うち2日は2本登坂を主軸とした調整。その他の日は周回キャンターやトレッドミル運動でハミ受けや基礎体力強化に努めている。
担当者は「以前までのペースはこなせるようになり、現在、坂路での時計は3F45秒まで時計を詰めてきています。ただ、ペースを上げていくとフォームを維持できずまだ苦しそうな所も見られますので、更なるペースアップは控えて、現状の運動レベルで安定して走れるように鍛えていきます」とのこと。馬体重は502キロ。
(3月15日)


社台ファームで調整中。現在は週3日坂路入りし、そのうちの2日は2本登坂を主軸に日々の調教メニューを組み立てている。
担当者は「感度の高さは残るものの以前よりも落ち着きが出てきており、精神面での心配もほぼ無くなったことで乗り手を選ばず調教へ励めています。現在は坂路では3F50秒程まで時計を詰めていて、終いこそまだフォームが不安定になることもありますが、順調にフィジカル面も成長しているので焦らず進めていきます」とのこと。馬体重は495キロ。
(2月16日)


社台ファームで調整中。1月6日から負荷を上げ坂路2本登坂を開始。
担当者は「以前に比べ敏感な面は緩和されてきており、随分と扱いやすくなりました。じっくり進めていた分基礎体力や筋力面で物足りなさは感じられますが、日々順調に力を付けてきています。3F54秒台まで進めてもしっかりと走れているので、今後は週3日のうち1日は2本登坂を軸にして、その他は周回キャンターを織り交ぜながら進めていく予定です」とのこと。馬体重は485キロ。
(1月13日)

ページ上部へ

2023年

11月下旬撮影

調教厩舎に移動後も順調。12月2日より周回コースでの調整を開始、12日より坂路で乗り出している。
担当者は「新しい馬場に出ると緊張している様子が見られましたので、落ち着くまで慣らしてから段階的に調教負荷を上げています。敏感な面がありますので、無理してステップアップせずに馬のペースに合わせながらじっくりと乗り込みを続けて行きます」とのこと。12月13日の馬体重は474キロ。
(12月16日)


11月21日撮影

11月1日にイヤリング厩舎から調教厩舎に移動。
担当者は「移動直後は落ち着かない様子でしたが、すっかり環境にも慣れ、飼喰いも旺盛で問題無さそうです。扶助やハミに対してやや敏感な面は残りますが、以前よりも慣れてきた印象で操作性は向上中です。現在は角馬場での集団調教を中心に進めており、徐々に慣れてきたものの少し周りを気にする仕草を見せますので、焦らず時間をかけながら慣らしていきます」とのこと。11月13日の馬体重は472キロ。
(11月17日)


千歳・社台ファームで調整中。引き続き夜間放牧を行いながら日中は初期馴致を行っている。
担当者は「現在は、厩舎内の廊下で騎乗し常歩や速歩を繰り返し行い、馴致場へ出て運動する下準備中を行っており、近日中には馴致場へ出て駆歩まで進めていく予定です。扶助やハミに対しての反応が敏感な面があり、時間をかけながら一つ一つ納得してもらうようにじっくり進めています。今後は馬の状態次第でと考えており、あくまでも馬のペースに合わせていく予定です」とのこと。10月19日の馬体重は458キロ。
(10月20日)


7月31日に千歳・社台ファームに移動。現在は夜間放牧を行いながら日中は初期馴致を行っている。背慣らしで人が跨って厩舎内を歩くところまで進んでおり順調。
担当者は「まだハミに対して納得していない様子はありますが、この後丸馬場でのドライビングが控えていますので問題ありません。馬体重もここにきてグンと増え、見栄えがしてきました。毛ヅヤも良く、体調も問題ありません」とのコメント。9月14日の馬体重は449キロ。
(9月22日)


パンフ使用写真

馬体重:437.0kg、体高:155.0cm、胸囲:170.0cm、管囲:20.2cm
(8月3日)


募集動画

2023年度1歳馬募集時の動画になります。
(8月3日)