レディオブフィフティの22

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。
  • 馬名は第1希望:レディオンステージ【意味:舞台の上の婦人。母名からの連想・Lady on Stage】に決定しました。
    第2希望:ローズマリーノ、第3希望:ラブリー

社台ファーム在厩(栗東・西園正キ厩舎予定)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2024年

引き続き週3回坂路入りし(F16秒)、週1回は坂路2本を登坂。その他の日はトレッドミルやマシン運動で調整中。
担当者は「更にペースを上げ、坂路2本目に3F38秒まで負荷を強めています。一完歩が大きく使えていて、省エネで走っていますね。坂路の折り合いに成長が見られて、最後までしっかりと走れるようになってきたので次のステップに挑戦します。気性の難しさはありますので注意しながら進めていきます」とのこと。馬体重は538キロ。
(6月3日)


現在は週3回坂路入りし(F16秒)、週1回は坂路2本を登坂。その他の日はトレッドミルやマシン運動で調整中。
担当者は「徐々にペースアップし、坂路2本目に3F46秒まで負荷を強めております。この調教もだいぶ慣れてきて余裕も出てきました。坂路の前進気勢は相変わらず強いので我慢することを教えながらの調整です。また、時計は詰めてきましたが単走で坂路2本目を乗る際に集中しきれていない部分もありますので本数を重ねて改善していきます」とのこと。馬体重は534キロ。
(5月17日)


この中間は隔週で週4回坂路入りし(F16秒)、週1回は坂路2本を登坂。その他の日はトレッドミルやマシン運動で調整中。
担当者は「徐々にペースアップしており、強い負荷をかけた翌週は3〜4日間の短期リフレッシュを挟み、疲れが残らないようケアを行っています。相変わらず力強い動きで坂路を駆け上がり、F15−15で我慢を覚えさせるよう工夫しながら進めているところです」とのこと。馬体重は522キロ。
(4月19日)


3月中旬撮影

坂路では週3回F16秒を消化し、週1回は坂路2本を登坂。その他の日はトレッドミルやマシン運動で調整中。
担当者は「坂路では一完歩が大きく、前進気勢が良すぎてタイムが速くなりがちです。更に体力強化してきましたので、坂路を最後まで走り切れるようになり抑えるのが大変なくらいですが、この馬なりに我慢が出来るようになってバランスが改善されてきましたので、成長を感じています。課題としてもう少しコントロールが効くよう整えていきます」とのこと。馬体重は526キロ。
(4月5日)


3月14日撮影

<動画撮影時のタイム>
2024/3/14 1本目 16.6-15.1-15.2(3F46.9)
2024/3/14 2本目 14.6-13.2-13.3(3F41.1)
(3月25日)


現在は週2回坂路2本(3F48秒)中心の調整。
担当者は「周回コースでのハミ受けには改善が見られ、良い走りが出来るようになってきましたが、坂路では前進気勢が強く一完歩も大きいことから時計が速くなってしまうため、我慢を教えながら調整しているところです。元々テンションが高い面があり、周りにつられやすいような精神面の幼さもまだ感じられますので、心身の成長を促しながら進めます」とのこと。馬体重は526キロ。
(3月15日)


社台ファームで調整中。現在は週3〜4回坂路入り(F17秒程度)し、うち1回は坂路2本を登坂し体力強化をはかっている。
担当者は「この中間から週1回坂路で2本登坂の日を設けて体力強化を行なっております。真面目に走る性格から前半勢いよく駆け上がっていくものの、後半になるとフォームがバラけてしまう現状ですが、馬体重は安定してきているので引き続き乗り込んで鍛えていきます」とのこと。馬体重は522キロ。
(2月16日)


現在は週3〜4回坂路入り(F18秒程度)し、馬体のシェイプアップを含め体力強化をはかっている。
担当者は「馴致期間中の体型から比べると、随分とシルエットも良化し引き締まった馬体になってきました。元々各パーツが大きいため、今後調教を進めて行くにあたり、現在の馬体重でちょうど良い印象です。一完歩が大きくて良い走りをしていますが、少し真面目すぎて力みがありますので、オンオフが出来るように教えていきます」とのこと。1月12日の馬体重は512キロ。
(1月13日)

ページ上部へ

2023年

11月下旬撮影

順調な馴致期間を経て、12月11日に社台ファームの調教厩舎に入場し、本格的な競走馬としての調整を開始している。
担当者は「見た目通りの力強い走りで、重く見えた体も強制運動を開始したことで動きやすい馬体に変化してきています。大型馬特有の緩さも無く、体幹がしっかりしていると騎乗者の評価も高かったようです。今後は坂路入りして、体力強化を積み重ねて雄大な馬体に磨きをかけていきます」とのこと。12月13日の馬体重は532キロ。
(12月16日)


11月21日撮影

千歳・社台ファームのイヤリング厩舎に入場し、環境に慣らしながら夜間放牧を継続している。日中に本格的な馴致を行い、ロンギ場での強制運動を開始している。
担当者は「雄大な馬体で、同世代の中でも目立って大きい体格になりますが、各パーツが大きいので見た目のバランスは整っているように感じます。力強い動きを披露していますが、集団から離れて1頭で馴致を行う際は少し寂しがっているような様子や、力任せな動きも見られますので、注意して進めていきます」とのこと。11月13日の馬体重は586キロ。
(11月17日)


10月23日に社台ファームへ移動。環境に慣らしつつ、本格的な騎乗馴致を進めていく。
(10月23日)


日高社台ファームで調整中。引き続き夜間放牧を行いながら日中は背慣らしなどの簡単な初期馴致を行っている。
担当者は「相変わらず雄大な馬体で、現在の状況では少し体を持て余しているところはありますが、体力は十分にあり、体を使った芯のある動きは見せています。間もなく千歳・社台ファームへ移動して騎乗馴致へと進めて行く予定です」とのこと。10月19日の馬体重は562キロ。
(10月20日)


現在は夜間放牧を行いながら日中は背慣らしなどの簡単な初期馴致を行っている。
担当者は「大柄な馬体を持て余し気味な感じでしたが、馴致を始めて動きに力強さが見受けられるようになりました。気性も幼さが抜けて我慢できるようになっています」とのコメント。9月14日の馬体重は548キロ。
(9月22日)


パンフ使用写真

馬体重:516.0kg、体高:161.0cm、胸囲:184.0cm、管囲:21.3cm
(8月3日)


募集動画

2023年度1歳馬募集時の動画になります。
(8月3日)