マゲバの22

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。
  • 馬名は第1希望:エテルノレガーメ【意味:永遠の絆(伊)。父名より連想・Eterno Legame】に決定しました。
    第2希望:パッシブデザイン、第3希望:レーザードライブ

社台ファーム在厩(栗東・野中賢二厩舎予定)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2024年

徐々にペースアップ中。現在は週3〜4回坂路入りし、うち1回は坂路2本登坂を目標に、周回キャンター(最大3000m)やトレッドミル運動を織り交ぜながらの調整。
担当者は「この中間で登坂本数を増やし、2本登坂を開始しました。引き続き登坂時計は3F48秒を継続し、体力強化に努めています。フィジカル面は着実に成長してきており、日に日に走りの質が上がってきています。2本目の登坂時もハミ受けや走行フォームを維持できるようになれば、更に調教負荷を上げていく予定です」とのこと。馬体重は552キロ。
(6月3日)


徐々にペースアップ中。現在は週3〜4回坂路入りを目標に、周回キャンター(最大3000m)やトレッドミル運動を織り交ぜながらの調整。
担当者は「この中間で登坂時計を詰めてきており、3F48秒をコンスタントに計時しています。日に日にフィジカル面は安定してきて、坂路の動きは良化していますが、まだ周回コースでのハッキングキャンターでは我慢がしきれていないところが見られ、ハミ受けやフォームを意識し基礎体力や筋力強化に励んでいきます」とのこと。馬体重は542キロ。
(5月17日)


左前膝の状態を確認しながら徐々にペースアップ中。引き続き週2〜3回坂路入りを目標に、周回キャンターやトレッドミル運動を織り交ぜながらの調整。
担当者は「脚もとの状態を見ながらになりますが、周回キャンターは最大3000mまで距離を延ばし、登坂時計は3F54秒まで詰めてきています。徐々に動けるようになってきていますが、まだ基礎体力不足からの重さが感じられますので、焦らず馬のペースに合わせてじわじわと調教負荷を上げていきます」とのこと。馬体重は540キロ。
(4月5日)


3月中旬撮影

左前膝の状態を確認しながら調整中。坂路調整再開後も問題は無く、現在は週2〜3回坂路入りを目標に、周回キャンターやトレッドミル運動を織り交ぜながら調教メニューを組み立てている。
担当者は「左膝の状態に変化はありませんので、徐々に周回キャンターでの距離を延ばし、登坂時計も元のペースへと戻しています。現在は3F60秒程で登坂しており、今後は3F57〜54秒程に時計を詰めて行く予定です。休ませていた分もあり基礎体力面や筋力面でまだ物足りなさが感じられますので、焦らず進めていきます」とのこと。馬体重は546キロ。
(4月5日)


3月14日撮影

<動画撮影時のタイム>
2024/3/14 1本 20.5-19.5-18.9(3F58.9)
(3月25日)


左前膝の歩様に乱れが出たため、回復を優先してしばらく騎乗を控えていたが、2月19日には馬場入りを再開。
担当者は「馬場入り再開後しばらくは無理せず周回キャンターで様子を見ておりましたが、歩様が乱れることも無く左膝の状態は安定していましたので、3月1日より坂路調教も再開しています。現在は週2回坂路入りし、その他の日は周回コースでじっくり乗り込んでいます。今後も馬の状態を注視しながら慎重に元の調教負荷に戻していく予定です」とのこと。馬体重は546キロ。
(3月15日)


社台ファームで調整中。昨年末に休養を挟み、年明け以降は乗り込みを再開していたが、2月に入り再度歩様に乱れが生じたため検査を行なった。
担当者から「歩様の乱れから検査を行なったところ、左前膝に関節液の増加が見られました。現在は無理せず騎乗運動を控え、患部に有効な治療を施しながら改善に努めています。健康維持のためウォーキングマシン運動は行なっていますが、今後も状態を最優先に慎重に様子を見ていきます」との連絡が入っている。馬体重は546キロ。
(2月16日)


社台ファームで調整中。週2日は坂路で3F60秒ペースを目標に周回キャンターを織り交ぜながら調整を進めていたところ、背腰等の筋肉系の他に膝や球節にも疲れが見られたため、年末は無理せずリフレッシュさせている。
担当者から「早めに休ませたことで年明けには筋肉や脚部の疲れは取れていたので、再度乗り込みを始めています。今後も負担が掛からないように、メリハリを意識して調教していきます」との連絡が入っている。馬体重は532キロ。
(1月13日)

ページ上部へ

2023年

11月下旬撮影

調教厩舎に移動後も順調。11月13日より周回コースでの調整を開始、21日より坂路で乗り出している。
担当者は「馬場入りを開始後も順調にステップアップし、現在は週2回ペースで3F60秒程の登坂を行っています。大型馬らしい緩さはありますが、フットワーク自体は素軽く、脚捌きには良いものがあります。大人しく扱いやすいのも長所の一つで乗り手を選びません」とのこと。12月13日の馬体重は517キロ。
(12月16日)


11月21日撮影

11月7日にイヤリング厩舎から調教厩舎へ移動。
担当者は「イヤリング厩舎の段階から乗り運動を進めてきましたので、移動後もスムーズに馴致から調教へとシフトチェンジできそうです。場内とは言え違う厩舎に移動しましたので、馬が環境に慣れるのを待ち、順次周回コース、坂路へと馬場入りを進めて行く予定です」とのこと。11月13日の馬体重は530キロ。
(11月17日)


千歳・社台ファームで調整中。引き続き夜間放牧を行いながら日中は初期馴致を行っている。
担当者は「現在は、厩舎内の廊下で騎乗し常歩や速歩を繰り返し行い、馴致場へ出て運動する下準備中を行っており、近日中には馴致場へ出て駆歩まで進めていく予定です。素直な気性で、ここまでの馴致段階はノーミスでクリア。大型馬らしい緩さもあるのでじっくり進めています。今後は段階的にステップアップさせて馴致から本格的な調教へと移りたいと思っています」とのこと。10月19日の馬体重は510キロ。
(10月20日)


8月26日に千歳・社台ファームに移動。現在は夜間放牧を行いながら日中は初期馴致を行っている。背慣らしで人が跨って厩舎内を歩くところまで進んでおり順調。
担当者は「素直で従順に初期馴致も受け入れており、本格的な馴致に取り掛かるのが楽しみです。大柄な馬格は見栄えがしますが、もう少し引き締めていきます」とのコメント。9月14日の馬体重は493キロ。
(9月22日)


パンフ使用写真

馬体重:489.0kg、体高:163.0cm、胸囲:180.0cm、管囲:21.8cm
(8月3日)


募集動画

2023年度1歳馬募集時の動画になります。
(8月3日)