ゴールドケープの22

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。
  • 馬名は第1希望:ゴールドサニーデイ【意味:金色に輝く晴れの日。父名、母名より連想・Gold Sunny Day】に決定しました。
    第2希望:ルクソール、第3希望:ガラビア

社台ファーム在厩(栗東・渡辺薫彦厩舎予定)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2024年

現在は週3回坂路入りし(F16秒程度)、うち1回は坂路2本の登坂。その他の日はトレッドミルやマシン運動で調整中。
担当者は「坂路でF14秒台を繰り返して来た事で余裕も出て来てとても良い動きを見せるようになってきました。ボディーチェックでも目立った疲れは見られませんが、歩様が硬くなる時もあるので注意しています。リフレッシュを挟みながら更にペースアップして鍛えていきます」とのこと。馬体重は446キロ。
(5月17日)


この中間は引き続き週2〜3回坂路入りし(F16秒程度)、うち1回は坂路2本の登坂。その他の日はトレッドミルやマシン運動で調整中。
担当者は「坂路入り2本目にはF14秒ラップを経験させ、時計を出しても我慢できるよう教えています。乗り込んで来て力強さは増していますが、馬体が微減して来ていますので注意しながら進めたいと思います」とのこと。馬体重は441キロ。
(4月19日)


3月中旬撮影

立ち上げ後は順調に乗り込んでおり、週2〜3回坂路入りし、週1回は坂路2本の登坂。
担当者は「右下唇の裂傷で休ませた後、F15秒までペースを上げてきていますが、乗り込みつつ馬体は一回り成長し逞しくなった印象です。徐々に体幹がしっかりとして推進力が増し、力強く坂路を駆け上がっています。オーバーワークに注意しつつペースアップを進めていきます」とのこと。馬体重は453キロ。
(4月5日)


3月14日撮影

<動画撮影時のタイム>
2024/3/14 1本 16.2-15.8-15.5(3F47.5)
(3月25日)


週2〜3回坂路入り(F17秒程度)し、その他の日はトレッドミル調整を行っている。
担当者は「先月8日に右下唇を裂傷してからは縫合処置を行ない、10日ほど騎乗を控えました。現在は週2回F17程度で坂路入りし、うち1回は坂路2本のメニューを取入れています。休んだことでこれまでの蓄積疲労が抜け、馬に活気が溢れてきているので、ここから徐々に元のペースへ戻していきながら15−15を入れて鍛えていきます」とのこと。馬体重は456キロ。
(3月15日)


週2〜3回坂路入り(F17秒程度)し、その他の日はトレッドミル調整を行っている。
担当者は「坂路1本17秒中心に乗り込んできて、この中間に週1回坂路2本の登坂も経験させました。負荷を強めても体調は安定しており、しっかりと体力が付いてきている印象で、馬体をキープ出来るようになってきました。
ただ、8日に馬房内で右下唇を裂傷してしまい、すぐに縫合しました。傷自体は大したことは無いですが、ハミに触れる部分ですので、少し騎乗を控えて治療に専念します」とのこと。2月15日の馬体重は449キロ。
(2月16日)


現在は週2〜3回坂路入り(F18−17秒程度)し、その他の日はトレッドミル調整を行い運動量を確保している。
担当者は「気性面での成長が伺え、慣れない状況下においても我慢できるようになりつつあります。飼い葉喰いも良いですし、無駄な動きが減ったことで食べた分がしっかりと馬体重にも反映してきました。まだ馬体は細身ですので、現状の調教を維持して下地を強化していく方針です」とのこと。1月12日の馬体重は444キロ。
(1月13日)

ページ上部へ

2023年

11月下旬撮影

調教厩舎へ移動後、坂路コースでの調整を開始し、F18秒程度の登坂まで進めることが出来た。
担当者は「坂路で乗り出し順調に進めていたのですが、環境の変化から飼喰いが渋くなり馬体減が見られました。気性もカリカリする場面が増えたため、調教施設から少し離れた厩舎に移動して様子を見ることになりました。その効果もあり現在は馬体も回復し、精神面でも落ち着きが出てきています。坂路調整も再開しており、このまま現状の調教を行いながら精神面の成長を促していきます」とのこと。12月13日の馬体重は432キロ。
(12月16日)


11月21日撮影

11月9日に社台ファームの調教厩舎へ移動し、本格的な競走馬としての調整を開始している。
担当者は「馴致期間中は人の指示に対しても前向き過ぎる気性を全面に出すことが多かったのですが、少しずつ理解して人の指示を待つことを覚えてきました。ウォーキングマシンやトレッドミルによる強制運動を継続しながら馬体重は増加しており、よい成長を迎えています。引き続き環境に慣らしながら、角馬場、周回コース、坂路コースへと経験を積ませていきます」とのこと。11月13日の馬体重は441キロ。
(11月17日)


千歳・社台ファームのイヤリング厩舎で馴致を開始しており順調。
担当者は「移動後は少し場所に慣らすために夜間放牧を行い、今は丸馬場でのドライビングを行っています。ピリッとしたところがあると聞いていましたが、ドライビングは大人しく受け入れており、物覚えも良さそうで今のところ問題ありません。このまま騎乗馴致へと進めていきます」とのこと。10月19日の馬体重は423キロ。
(10月20日)


9月29日に社台ブルーグラスファームから千歳・社台ファームへ移動している。環境に慣らしつつ、本格的な乗り慣らしをスタートさせていく。
(9月29日)


現在は夜間放牧を行いながら日中は背慣らしなどの簡単な初期馴致を行っている。
担当者は「安定感のあるフレームに身が詰まってきた印象で、力強さが感じられます。普段は大人しいですが、ピリッとしたところもあり乗り進めたときに気の強いところを見せてくるかもしれません」とのコメント。9月14日の馬体重は425キロ。
(9月22日)


パンフ使用写真

馬体重:400.0kg、体高:152.0cm、胸囲:171.0cm、管囲:20.0cm
(8月3日)


募集動画

2023年度1歳馬募集時の動画になります。
(8月3日)