レイナデアルシーラ

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • 2歳時の未入厩馬の情報は2週間〜1ヶ月に1度更新させて頂きます。状態に変化がございました場合は随時更新いたします。
  • 馬名は第1希望:レイナデアルシーラ【意味:クレーの女王(西)。母名と父名より連想・Reina de Arcilla】に決定しました。
    第2希望:アンデスレガーロ、第3希望:レジーナナタリス

ノーザンファームしがらき在厩(栗東・西園正キ厩舎)
1着.2着.3着.4着.5着.6着以下:(0.0.0.0.0.0)

2024年

ノーザンファームしがらきで調整中。
6月13日、担当者の話では「この中間も順調で、引き続き坂路と周回コースを併用で15−15の調整を行っています。良い意味での平行線で不安も無く至って順調です。8月の新潟目標で進めていますので、まだしばらくはこのまま乗り込みたいと思っています。昨日の関東オークスでは姉が強い勝ち方をしてくれました。本馬の感触も良いですしすごく楽しみです」とのこと。現在の馬体重は511キロ。

(6月13日)


ノーザンファームしがらきで調整中。
西園調教師は「順調に乗り込んでいるようです。デビュー目標についてですが、ダ1,800mが合うと思われますので、8月の新潟を目指して進めて行こうと思っています」とのこと。
5月30日、担当者の話では「この中間も変わりは無く、引き続き坂路と周回コース併用でコンスタントに15−15を消化しています。ダ1,800mの番組に向けて調整し逆算して態勢を整えていきます」とのこと。現在の馬体重は512キロ。

(5月30日)


ノーザンファームしがらきで調整中。
5月17日、担当者の話では「リフレッシュして順調に調整を進めることが出来ています。現在は坂路と周回コースを併用して15−15程度の調整を行っています。当面は同様のメニューをしっかりと乗り込み、番組を見ながらデビュー時期を検討していくことになると思います」とのこと。現在の馬体重は509キロ。

(5月18日)


4月26日よりノーザンファームしがらきで調整中。
5月2日、担当者の話では「ゲート試験合格後のリフレッシュ調整を行っています。疲れも抜けたようで脚もとも問題無く、現在はトレッドミルでの調整を進めており、ここから徐々にペースを上げていけそうです」とのこと。現在の馬体重は500キロ。

(5月2日)


4月24日、西園正都調教師から「先週ゲート試験をクリアし、この週末は厩舎で様子を見ましたが、やはり試験の後で脚もとに疲れが出ている感じですので、無理はせずに一息入れさせたいと思います。26日にノーザンファームしがらきへ移動予定です」との連絡が入っている。

04/19 助手 栗東E良 12.4-12.4-13.0-13.4-14.8 ゲートなり
(4月25日)


4月17日撮影

4月19日、西園正都調教師から「本日、ゲート試験を受け、無事に合格してくれました。初日の雰囲気からはもう少し練習が必要な感じもあったのですが、今日はゲートから12秒1のタイムでダッシュを決めてくれました。体付きも同時期の母や姉と比べても立派に感じますし楽しみですね。今後については馬の状態を見ながら考えます」とのこと。
(4月19日)


4月17日撮影

4月12日に栗東・西園正都厩舎に入厩。
17日、西園正都調教師は「入厩後も問題は無く、本日からゲート練習を開始しています。今のところ問題は無さそうで、状況を見ながらゲート試験クリアを目指します」とのこと。
(4月17日)


4月10日、西園正都調教師から「12日(金)検疫で入厩させる予定です」との連絡が入った。ゲート試験クリアを目指す。
(4月10日)


3月18日よりノーザンファームしがらきで調整中。
4月5日、担当者の話では「こちらに来てからも問題は無く、体調面も安定しており順調に進めることが出来ています。明日あたり15−15を乗ってみて入厩に備えるつもりです。いつ移動の話が出ても対応出来るよう態勢を整えます」とのこと。現在の馬体重は488キロ。
西園正都調教師からは「タイミングを見て入厩させ、ゲート試験をクリアしたいと思っています」との連絡が入っている。
(4月5日)


ノーザンファーム空港牧場では、週2回坂路2本(2本目に15−14)を順調に消化。入厩を視野に栗東近郊へ移動することとなり、3月16日に北海道を出発。18日に無事ノーザンファームしがらきに到着している。
担当者の話では「移動後も状態面に問題は無く、体調は安定しています。21日から既に乗り運動を開始し、早めの入厩を目指して調整を進めていきます。ゲート試験を受けられる態勢を整えて入厩に備えます」とのこと。到着時の馬体重は477キロ。
(3月22日)


パンフ使用写真

ノーザンファーム空港牧場で大変順調に調整を進めている。1月末の時点で週2回坂路2本(2本目にハロン15秒)を消化。強めのメニューを継続し、徐々にペースアップ中だ。
担当者の話では「2月後半にはハロン14秒台を乗り出しており、週2回坂路2本(2本目に15−14)、週3回は周回コース2500m、その他の日にトレッドミル調整を行っています。
すこぶる順調に進んでいるため、3月半ばにトレセン近郊へ移動する予定です。移動後も順調なら時間を置かずに入厩の目処を立てたいと考えています」とのこと。
入厩を視野に3月16日発の便で栗東近郊へ向けて出発予定。
馬体重:486.0kg、体高:161.0cm、胸囲:181.0cm、管囲:20.0cm
(3月7日)


募集動画

馬募集時の動画になります。

坂路登坂時のタイム:14.4-13.7-13.8(41.9)2月23日撮影
(3月7日)